Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サイトセブンで勝率アップへ!活用法・スマホの使い方を徹底解説

パチスロやパチンコを打つ方にとって「データ」は最重要な指標となりますよね。そこで便利なサービスとしてデータロボサイトセブンというサービスがあります。

 

もちろんご存知とは思いますが、北は北海道、南は沖縄まで、日本中さまざまなホールの情報をスマホ片手に知る事ができます。ホールの情報といっても新台入れ替えなどの情報ではありません。

 

大当たり総回数や現在の総回転数、大当たり履歴、さらには差枚などまで、ありとあらゆる情報をいとも簡単に入手することができるのです!もちろんホール全体のデータではなく、1台ごとのデータを確認できます。

 

しかしどのように活用すればいいのか?など具体的な活用法が分からない方もいるでしょう。しかし活用法はとても簡単で、誰でもすぐに調べることが可能です!

 

実践すれば勝率アップに貢献してくれることでしょう!今回、ココではあっと驚くような活用法を解説してきたいと思います!さらにスマホでの使い方なども併せてご紹介します。

 

データを見るなら入会しよう
サイトセブンを利用するにあたっては無料である程度の情報を得る事は可能です。例えばその台の大当たり割合・ボーダー・動画を含めた機種情報など…これだけでも十分利用してみる価値はあります。

しかし今回知りたいのは、その店の台番からグラフや出玉数など指定機種の細かいデータですので、それには有料会員になる必要があります。ちなみにスマホの有料会員は月額300円(税抜)。

また、クレジット決済を使えばSIMフリースマホにも対応しています。クレジットカード決済が条件になりますが、キャリア対応していないから諦めていたという方はぜひこちらをお試しください。

毎月パチンコ玉80発程度で膨大な情報が手に入るなら安いものですよね。

 

<公式ページ>
データロボサイトセブン公式サイト

 

サイトセブンの基本的な使い方

調べたいホールを探す

会員登録を済ませたらいよいよサイトセブンを利用して見ましょう!まずはこちらの表示からお住いの地域を選択します。GPS検索をつかった便利な機能で現在地から近いパチンコ・パチスロ店を検索する事も可能です。

 

 

本来なら調べたいホールの地域をタップしますが、今回は試しに関東地域から東京を選択。すると東京にあるパチンコ店がずらりと表示されます。(店舗名は伏せています)

 

 

この画面だけでもスロット・パチンコどちらかの専門店だったりするのか、1円パチンコや5スロなどの営業はしているのかなど、どのようなタイプの営業をしているのかよく分かります。

 

では店舗を選びましたらパチンコかスロット、知りたい情報をタップ。今回は試しに20円スロットをタップしました。すると20円スロットに設置されている機種が一覧で表示されます。

 

一覧で機種が表示されるとこの中からデータが欲しい機種を選びます。すると以下のような画面になりますので、知りたい情報をタップしましょう。

 

 

色々と確認できるデータがあってややこしい…と思いきや実は簡単なんです。基本利用する箇所は限られていると思いますので、今回は多くの方が利用している箇所について解説していきたいと思います。

 

また今回はパチスロのデータを基本として解説しますが、パチンコも同じような感じですので違和感なく利用できます。

 

サイトセブンで見れるデータ

大当たり一覧

大当たり一覧をタップすると以下のようなデータを表示できます。ちなみにタップした時は「当日のデータ」を表示します。

 

台番 総ゲーム BB回数 RB回数 合成確率
1 800 1 2 266
2 1000 5 5 100
3 2500 10 8 138

 

説明は必要ないと思いますが、BBはビッグボーナスの回数、RBはレギュラーボーナスの回数です。他は省略させていただきます。しかしまだまだこれだけではございません。実は画面右側に「NEXT」という文字があるのですが、スワイプすることによってデータの表示を切り替えすることができるのです。

 

では画面中央付近で結構ですので右から左へスワイプしてみましょう。

 

 

すると以下のようなデータを表示させることができます。

 

台番 ART回数 BB確率 RB確率 只今ゲーム
1 800 400 56
2 200 200 127
3 250 312 361

 

ここで表示される項目も分かりやすいので安心ですね。今回はノーマルタイプを例にして表示していますので、これがAT機ですとART回数の所に数値が表示されます。

 

またAT機の場合ですとRB確率はプレミア(GOD揃いなど)になっていると思います。さらにまだこれだけではなく、スワイプすることによって新たなデータの表示をすることができます。

 

もう一度左から右へスワイプすると今度は「ART総ゲーム」「ART初当り回数」「レンジ」と表示されます。レンジについては後で説明します。また逆にさっきのデータを見たい!となれば戻ることも可能です。

 

逆に左から右へスワイプすれば前の表示していたページに移動、さらにもう一度同じ動作で最初の画面へ戻ります。

 

基本、画面の右端と左端に「NEXT」「BACK」という文字があれば、次の項目を表示することができたり、先ほども画面へ戻ったりすることがでるようになっています。

 

まとめますと、この大当たり一覧の画面より得られる情報は以下の通り。

 

  • 台番
  • 総ゲーム(現在の総回転数)
  • 只今ゲーム(前回ボーナス後からのゲーム数)
  • BB回数(ビッグ回数)
  • RB回数(レギュラー回数)
  • BB確率
  • RB確率
  • 合成確率
  • ART回数
  • ART総ゲーム
  • ART初当り回数
  • レンジ

 

また「大当たり一覧」のタブの下には「2日前」「3日前」と切り替えボタンがあるので、タップすれば過去のデータをすぐに表示させることだって可能です。

 

ちなみに大当たり一覧の画面で一番したまでスクロールすると「平均値」を調べる事も可能です。フル稼働しているホールなどがあれば、平均値をチェックして平均設定はどのくらいか?というのを参考レベルですが知ることができます。

 

これで大当たり一覧の解説は終了ですが、ココでほとんどの情報を得ることができるので結構使う場所でもありますが、操作方法など難しい事はございませんので、とりあえず色々といじっているだけでも分かると思います。

 

出玉推移一覧

続いてはこちらの出玉推移一覧。グラフ表示である程度の出玉を確認することができます。また一覧表示されるので台が今日どのように稼働したのかを知る事ができます。

「パチンコなんて確変を引けるかどうかで変わってくるから意味が無い」そう思われるかもしれませんが、1000円あたりで回る回数が多い程下りのグラフは緩やかになります。

サイトセブンでは以下のようなグラフを表示しています(実際はもっと細かいです)

 

 

逆に大幅なプラスでも急激な低下がある台は確変でプラスになっているだけでボーダーを割っているかも知れません。またパチスロの場合ですと、Aタイプは緩やかな波になりがちですが、AT機になると極端なグラフになっている傾向です。

 

またグラフをタップすれば、出玉推移一覧から「出玉推移グラフ」へ移動するようになっています。先ほど紹介した出玉推移一覧と同じ情報なのですが、この台番の数字を選ぶ事でその台の出玉推移をより詳しく知る事ができます。

 

出玉推移一覧よりも丁寧に書かれており、グラフの下部には大当たり回数などの情報も添えられています。

 

大当たり履歴データ

意外と役に立ってくれるのがこちらの大当たり履歴データ。何回目の当たりが、何時に、何回転で当たり、獲得枚数は何枚出たのか。その全てが表示されています。

 

ハマり回数や当たり回数はその本人に引き次第なのもあります。そんな中で注目してもらいたいのが大当たり時間!別に大して関係のない情報にも思えますが、もし現在時間と近いタイミングで当たりを引いていたのならその台は誰かが打っている可能性大という事に。

 

実際、以下のような感じで表示されます。

 

回数 時間 スタート 出玉
77
RB 16:01 301 106
RB 15:24 45 106
3 15:11 10 312
2 14:59 347 312
RB 14:33 201 106
1 12:14 366 312

 

パチスロの場合「回数」の欄に「1」とか数字が表示しているのはBIGを意味(ノーマルタイプの場合)します。RBはお分かりと思いますがレギュラーのことですね。

 

ですので上の表ではBIG3回、REG3回当たっているデータとなります。また左や右へスワイプすれば、違う台番のデータを表示させることも可能です。

 

レンジって何?

データロボサイトセブンには「レンジという言葉」がありピンとこない人もいるかもしれません。レンジの意味ですが、その日の最大出玉と最低の幅の事を言います。

 

例えば「朝一で10000発のまれけど、最終的には+10000発になった!」このような場合、レンジは20000という事になります。凄く簡単な意味ですよね。

 

全部の数字がプラスだと凄い優良店に見えてしまいそうですが、レンジの最低数は0。もし甘デジで1000ハマっても1度当たればレンジは400や500となります。あまり意味のない数値になるかもしれません。

 

良く利用すると思われる箇所は以上です。他には機種情報などありますので、機種の解析情報を知りたい場合などに活用してみてください。(外部サイトへ移動)

 

<公式ページ>
データロボサイトセブン公式サイト

 

サイトセブンの活用法

では実際どのような活用法があるのでしょうか?実際活用方法はかなりありますが、ココでは勝率アップの為にいくつか代表的な活用法を解説してみたいと思います。

 

優良ホール探し

パチスロには設定があり、優良台が多くあるホールを探すという点では、パチンコよりも役に立つといっても過言ではないサイトセブン。合算確率はもちろんART回数も確認する事ができます。

 

パチンコではどれほど出玉が出ているのか?などホールの状況を把握する為に活用できますし、出玉の平均値なども調べることができるので推測ですが、パチスロでは高設定が入っている、など読むことが出来るでしょう。

 

また1店舗だけではなく何店舗も調べることができ、さらには少し遠出してもいいのであれば、隣の県などのホール状況だって見れるので、優良ホール探しだけで凄く時間を使うかもしれません。

 

ちなみに目をつけたホールがあれば、何日・何曜日が熱い日(出玉に力を入れている日)かなどまでサイトセブンを使って詳しく調べてみるといいでしょう。

 

設定変更をしているホールの調査

設定変更によって恩恵がある機種は今でも結構多くあります。例えばスロットの前日情報を見てみると、このように最終ゲーム数が表示されています。こちらの「まどマギ」だと最終ゲーム数は111ゲーム。

 

回数 時間 スタート 出玉
111
16 21:14 310 115

 

そして翌日の初当たりがこちら。

 

回数 時間 スタート 出玉
2 10:45 68 141
1 10:20 82 111

 

82ゲームでボーナス当選していると言う事は、合計すると193ゲーム。リセットの天国モード、もしくはモードB以上が濃厚と言う事に。このような情報も一台ずつ簡単に集める事が出来るのです。

 

その店がどのような設定の使い方をしているのか、データを見て設定変更されているかどうかを読むことが可能です。他にもミリオンゴッドなど、特に設定変更による恩恵が大きい機種などの判別などにも活用できます。

 

宵越し天井・ゾーン狙い

先ほど設定変更をしているかどうかで少し触れましたが、設定変更をしているかどうかの判別が出来るのでしたら、前日の最終ゲーム数をチェックして、翌日のゲーム数と照らし合わせる事で、天井狙いやゾーン狙いをする事が可能です。

 

例えばアナザーゴッドハーデスのケースですと1570G+前兆30Gで天井ゲーム数が1600ですよね。ココで前日のデータをチェック。ヤメゲーム数が500ゲームだったとしましょう。

 

当日1100ゲーム付近で大当たりしている場合は設定据え置き濃厚と判断できますし、また当日330ゲームなどで当たっている場合も据え置きの可能性(ヘルゾーンでの当り)があると判断してもいいでしょう。

 

逆にストレートで1600ゲーム付近で当たっている場合は、設定変更をしている、と予想がつきます。ゲーム数による判別をする訳ですね。但し注意点もあります。

 

例えば普段設定変更をしないお店と判断した場合。ほとんどの台が据え置きと思いこみますよね?そこで前日最終ゲーム数が1380回転のハーデスがあった。しかし当日は設定変更されていた。

 

何を言いたいのかと言いますと、極端に「美味しい台」がある場合、お店側もそのままスルーする訳にはいかないですよね?恐らく、設定変更をしてゲーム数をリセットするでしょう。

 

ですのでこのような美味しい台を見つけた場合も慎重に攻めることをお勧めします。

 

獲得枚数から設定状況を読む

この方法は機種が限られていますが、獲得枚数を調べると高設定が入っているかどうかをある程度推測することが出来ます。例えばバーサスのようにBIG中の特殊な停止型で設定示唆などがある台は、ボーナスの獲得枚数に差が出てきます。

 

バーサスでは斜めのV揃いが来ると設定2以上確定の演出ですが、この時の獲得枚数は0枚。ということは斜めのV揃いが発生した場合、BIG中は2ベットで消化するので最終獲得枚数は2枚減ることになります。

 

バーサスではBIG中のビタ押し成功で消化をすると、BIGの獲得枚数は311枚。ココでデータロボサイトセブンの出玉(獲得枚数)をチェック。309という表示があれば、その台は設定2以上濃厚という意味になります。

 

ちなみにデータの例

回数 時間 スタート 出玉
15 16:47 210 311
14 16:30 366 309
RB 15:56 27 104
13 15:30 114 311
12 15:22 88 311

 

但しBIG中のビタ押しを3回行うと察知することができなくなりますが、ほとんどの方はこのような無意味なことはしないと思いますので、獲得枚数が309枚となっている場合で、ボーナス確率も良い場合は高設定と思ってもいいでしょう。

 

高設定狙い

パチスロの台情報は7日前まで表示する事が可能です。なのでその店が凹み台を上げてくるのか、数日単位で設定を変えるのか、並びで高設定を入れるのか、など調査をする事ができます。

 

設定を入れる癖を読む、という感じですね。意外とホールによって傾向が違いますので、研究する価値はあるでしょう。狙い台を決めて見事高設定だった場合、嬉しさは半端ないですよ!

 

捻り打ちができるお店か調べる

パチンコの技術介入といえば止め打ちなどもそうですが、代表的な打ち方としては捻り打ちなどがります。しかしホールによっては厳しいお店もあります。最悪、出禁などを喰らったりするケースも。

 

出玉に関しては普通に打ちっぱなしでも数十発単位でばらつきがありますが、捻り打ちによるオーバー入賞を成功させると明らかに出玉は多くなりますので、出玉で捻り打ちが出来るかどうかの判断が出来そうです。

 

ですが気を付けたいのがこの出玉情報を伏せている店もあると言う事。やはり1回あたりの出玉を表示するのは攻略面でホール側にリスクがあるようです。

 

オカルトの研究に

オカルト好きの方にも便利なサイトセブン。台の情報をホールのデータカウンターでポチポチする必要もなく、家のスマホで簡単にすべての台を調べる事が出来るのでオカルト研究にもってこいだったりもします。

 

例えば301番台は3日前、2日前、前日とかなりへこんでいるので、今日は大爆発する日では?と予想したり、この台はデータ上、マイナス5万発になると2万発は返ってくると思う台ならば打つのもアリでしょう。

 

このように正攻法ではなくオカルト打ちの方にまでおすすめ出来るのがサイトセブン。研究の幅が広がるので、何かと重宝することでしょう。

 

ぱちんこ回転数の調査

ちょっとした小技ですが、パチンコで1000円で何回転回っているのか?などの予測をすることも可能です。但し正確ではありませんし、分かりづらい場合もあります。

 

極端に回っていないなどの判別はつくと思いますので、もし興味があれば調べてみてください。

 

まずは出玉推移グラフを見ます。ココで初当たり時に吸い込んだ出玉数をチェック。初当たりの見分け方は、右下がりから右上がりになった所が目印ですよね。(初当たりで出玉を得ることができる機種の場合)

 

この初当り時にどれだけ出玉がマイナスになっているかを調べます。例えば5000発、初当りまでにかかっているグラフだったとしましょう。

 

次のその台の大当たり履歴データより「初当りの回転数」を確認します。この時に初当たりの回転数が360回転ぐらいですと、1000円で約18回転回っている計算となります。(250発1000円で計算)

 

これが460回転ぐらいだと、1000円で約23回っている計算になります。ただ、信頼度はそこまで信頼できるような感じではないです。

 

一度1000円で23回転ベースの台を見つけて打ちましたが、私が打っている時は1000円で20回転ぐらいでした。結構ブレはありそうです。

 

サイトセブンのメリットをまとめてみた!

自宅で楽にデータをチェック!

一番のメリットは何といっても楽に台をチェック出来る事。自宅で前日や当日に寝ころびながらチェックする事も、ホールで打ちながら他の台の挙動をチェックする事も出来ます。

 

周りをキョロキョロしながら打っているのは他のお客さんの迷惑にもなるので、そういう意味でもサイトセブンのメリットと言えます。また雨の日など動くのって嫌ですよね。

 

データを取るだけの為に、雨に濡れる心配もありながらホールに行くのはとても面倒。しかも時間もかかりますし、このような「ムダ」省いてくれるのがサイトセブンのメリットですね。

 

ですので、閉店前のデータ取りをする必要がないのです。昔はメモ帳片手に店内で一台ずつ回ったりもした方もいるでしょう。ただ、パチスロの出目などまでは分かりませんので、出目が気になる方はホールに行ってメモしましょう。

 

勝率アップに貢献!

さまざまな情報が手に入るという事は、何の情報も無しに打つより勝率アップする事も当然あります。例えば天井狙いなど、期待値を追いかけた立ち回りができるのです。

 

もちろん他にも高設定台を掴むための情報なども得られる可能性もありますし、さらにはパチンコの情報も満載で勝率アップの為のツールとして活躍してくれるでしょう。

 

オカルト打ちが好きな人も手軽に理論的な情報を取り入れ、ハイブリッドなオカルトで勝率を上げましょう!

 

他の地域のデータも見れる!

パチンコやパチスロは打ちたい機種などあるでしょう。しかし打ちたい機種が設置しているパチ屋は遠く、またそのホールの状況など分からない…という場合サイトセブンが活躍!

 

わざわざ出向く必要がないので、いくら遠いホールでも自宅で出玉状況を調べれるのです!極端な話、北海道から沖縄のパチンコ店の情報だって調べることができます。

 

また近所に良いパチンコ店がない場合も、データロボサイトセブンさえあれば良いホールを見つけれる可能性もあるので、少し足を延ばしてみてもいいかもしれません。

 

ココがイマイチ!サイトセブンの悪いところ

加盟店のデータしか見れない

最大のデメリットは加盟店の数。当然ホールがサイトセブンに登録していないとデータを見る事も出来ず、身近なホールを調べようしても「出てこない…」というケースも結構多いのです。

 

もし調べたいお店が加盟しているかどうか気になるのであれば、まず先に都道府県よりご自身の求めているホールがあるかどうか調べてみるといいでしょう。(無料でも調べることは可能です)

 

最大手のP-worldなどに比べるとまだまだ加盟店は少なくなっています。ただp-worldはデータの提供をしていないので、その分サイトセブンの方がおすすめ出来るかもしれません。

 

ライバルが多く競争率が高いケースも

まだまだ加盟店は少ないとはいえ、その数は全国規模。便利な情報が盛り沢山というだけあって、利用者はココ最近かなり多くなっています。その為優良店にライバルが集まってしまうなんて事も。

 

またライバルが多すぎて天井狙いが以前よりしにくくなった…などデメリットがあるケースも。これはホール次第となりますので、すべてのホールが競争率が高いという訳ではありません。

 

狙い台がある場合はサイトセブンのデータがあると慢心せずに、出来るだけ早起きして朝一から狙いたいですね!

 

データの反映にタイムラグがある

こちらはある程度仕方ないところですが、やはり少しはタイムラグも発生してしまいます。リアルタイム反映…という感じではなく、やはり遅れはあります。

 

翌日の朝一狙いなどではそれほど問題ありませんが、データを見てすぐホールへ向かっても席が埋まっている可能性はあります。データを過信しないようにしましょう。

 

ただ、これもそこまで極端ではありません。昔よりよくなってきているような気もします。

 

非公開となっている部分も

途中でも少し触れましたが、ホールによっては総回転数が伏せられていたり、一部情報を非公開にしている場合があります。ハイエナ狙いなどを防ぐためだと思います。

ですがこのようなホールは少ないので気にならないでしょう。

 

データロボサイトセブンのまとめ

ここまで色々とご紹介してきましたが、複雑そうな印象があるかもしれません。しかし使ってみると凄く簡単ですぐにデータをその場で確認できる優れものです!

 

活用方法は色々とあり、パチスロならゾーン狙いや高設定狙いなども出来ますし、パチンコなら出玉状況を調べたりして勝率を少しでも上げる為に活躍してくれるでしょう。

 

また自宅で気軽にデータを調べれるので、近隣店舗はもちろんのこと、他府県のホールデータまでゲットできる部分も嬉しいところだと言えます。

 

ただ最近はデータをチェックして狙い台がかぶったり、ハイエナ狙いなども同じですが競争率が上がってきている感じでもあるので、1店舗だけではなく様々な店舗の情報をチェックしておく方が無難です。

 

特に個人的に好きなパチスロの情報に関してはかなり重宝しています。皆さんも一度利用してみてはいかがでしょうか。